気になるトラリピの新サービス「トラリピプロモデル」

プロモデルのデータはトラリピの運用にも活かせる?

2017年6月28日(水)

トラリピが今年の3月に新サービスを始めたのをご存知ですか?
その名も「トラリピプロモデル」。
通貨オプションの市場動向に合わせて、効果的な戦略を3カ月スパンで提供してくれるんです。
通貨ペアは豪ドル/米ドル、ユーロ/米ドルといった米ドルがらみのもの。

続きを読む

カテゴリー: FX運用, toraripi | コメントは受け付けていません。

トラリピの利回りについて考える

トラリピの利回りは年10%程度が目安!?

2017年6月10日(土)

あっという間に6月です。
トラリピの運用はまずまずといったところですが、この半年間の利回りを計算すると、
米ドル/円・・・5.8%
豪ドル/円・・・6.3%

一昨年は年利で見ると、トータルで30%を超えていたので、実績の上では、かなり落ちています。
でも、リスク管理を以前より厳しくしました。
また、円高傾向が長く続いた状況を考えれば、こんなものかと見ています。

続きを読む

カテゴリー: FX運用, toraripi | コメントは受け付けていません。

マネースクウェア・ジャパンのCFDは儲かる?

トラリピでも運用可能なマネースクウェア・ジャパンのCFD

2017年1月4日(水)

以前、マネースクウェア・ジャパンのCFDをやろうか、迷っていることを書きました。
そんな話をFX仲間としていたら、1人がいつの間にかCFDを始めていました。

何でも最近はトラリピのFXよりCFDで稼いでいるというのです。
実際にどのくらいの利益が出たのか聞いてみると…
日経225で取引
資金100万円⇒半年で148万2,000円

CFDのメリットは期間限定でない上に、リスクの分散ができる点です。
さらに、マネースクウェア・ジャパンならではのメリットがトラリピ。
私が興味深い点はここ!
株価の動向が読めなくても、利益のチャンスを有効活用できるのはありがたいですね。

続きを読む

カテゴリー: FX運用, toraripi | コメントは受け付けていません。

2016年のトラリピでの運用を振り返ってみると…

トラリピで地道に利益を積み上げられた1年でした

2016年12月26日(月)

そろそろ1年を振り返る時期になってきました。
今年はドカ~んと利益を上げることはできませんでしたが、それでも地道に利益を重ね上げられたと思います。
師走の忙しさでまだ利益を計算していませんが、トータルでおそらく+4万5,000円程度はいったと思います。
プラスで1年を終えられることは確か。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

今年のクリスマスは休日だから翌日の取引時間に要注意

祝日と日曜が重なるとFX業者も大半が営業時間を変更する

2016年12月22日(木)

明日から3連休です。
今年はイブが土曜日、クリスマスが日曜日。
クリぼっちにとっては、一段と寂しさが増す土日になってしまいそうです。

でも、クリスマスを1人で過ごすのが「みじめだと見られる風潮」もいかがなものか?
何を隠そう私も今年のクリスマスはクリぼっち。
急きょ実家に帰る用事ができてしまったことが原因なのですが…。
すでにクリスマスパーティーは友だちとやってしまったので、今年はそれでよしとします。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

2017年はドル安に向かう?

トランプ次期大統領に期待されている円安、ドル高は到来するのか?

2016年12月12日(月)

どうやら次のトランプ大統領政権ではドルの評価がさらに高まり、ドル高になるといった読みが多いようです。
米国の景気が回復しているということが一番の理由とか。

でも、経済評論家や証券アナリストなどの専門家の中には、2017年はドル安…と予測する意見も目につきます。
なぜ「ドル安」なのか? 気になったので調べてみました。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

米大統領選はトランプ勝利で一気に円高!?

まさかのトランプ勝利で今後、為替の行方は?

2016年11月30日(水)

先日、クリントンのメール問題に関してFBIは追訴しない方針を発表。

クリントン有利? とも思われ、株高、ドル高に一時向かいました。
ところがフタを開け見れば、まさかのトランプ勝利!
ここまで読みが外れるとは、多くの人が思ったのではないでしょうか? 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

米大統領選を前に気になる相場

米大統領選後も円高傾向は続く?

2016年11月4日(金)

本日は10月の米国の雇用統計が発表の日。
前月に比べ、非農業部門雇用者数が17万3,000人増え、失業率も4.9%と予想されていますが結果はいかに?
堅調になればドルは上昇するでしょう。

それよりも、クリントンか? トランプか?
最近の話題といえば、もっばら米大統領選のこと。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

取引通貨に関する相場の動きをプロのレポートでチェック

豪ドル円は、しばらく穏やかな上昇トレンド!?

2016年10月22日(土)

トラリピは為替予測が難しい初心者でも、利益獲得に結びつけられる取引が可能といわれています。
それがトラリピのメリットなのですが、トラップを仕掛けるうえで相場の動向をある程度、把握しておくことは鉄則です。

確かに、素人が為替の動きを読み解くことは容易ではありません。
FX業者の中には口座開設者に為替予測ツールを無料で提供しているところもあるので、これらを使ってトラリピに応用している投資家もいます。
でも、私は他社のFXに分散投資できるほどの資産を持っていないので、今はトラリピ1本で十分だと思っています。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

米国の雇用統計による為替への影響は?

毎月発表される米国の雇用統計に注目!

2016年10月9日(日)

先進国の要人の発言によって、為替相場に影響を与えることはすでにご存知でしょう。

特に注目したい要人の発言トップ3といえば?
FEB(米連邦準備制度理事会)の議長、米財務長官、ECB(欧州中央銀行)総裁。
何といっても米国の影響が大きいことに気づかされます。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

手数料の安さだけでFXの業者を選ぶと失敗する

iサイクル注文、サイクル注文にお得感は少なさそう!?

2016年9月19日(月)

前にもブログでふれたテーマですが、トラリピのようなリピート系の自動売買システムは他社でもいろいろ出ています。
私の知る限りでは5社ぐらいありますよね。
前に外為オンラインのiサイクル注文について書いたので、今回はアイネット証券の「ループイフダン」について。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

トラリピはリピート系の自動売買システムの先駆者!

トラリピの模倣はしやすくても同じ土俵で戦えるFXはない!

2016年9月9日(金)

私のトラリピ歴も今年で5年目に突入しました。
ここにきて、ようやく運用のおもしろさがわかってきたという感じです。

「トラリピ」が誕生したのは2002年ですから、14年ほどの歴史があるんですね。
当時、FXという言葉さえ世の中になかった時代です。
その頃は「外国為替証拠金取引」と呼ばれていました。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

マネースクウェア・ジャパンほどセミナーが充実したFXはない!

トラリピの疑問点はセミナーで解決する!?!

2016年8月30日(火)

8月も残り1日となってしまいました。
暑さをしのぐために、会社帰りに一杯やって……という日が続いています。
ここのところトラリピが順調に運用できている満足感もあるのでしょうか。
お酒が進んでしまって困っています。

別にトラリピを愛用しているからという理由で、トラリピを持ち上げるつもりはありません。
でも、長年、トラリピで資産を運用していて、顧客満足度が高い理由がわかるんですね。
手数料が高いといっても、アフターフォローやセミナーがマネースクウェア・ジャパンほど充実しているところはないでしょう。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントは受け付けていません。

知的財産権を守れ! シストレの元祖「トラリピ」は模倣されやすい?

トラリピが特許侵害でM2Jが提訴した一件

2016年8月3日(水)

「トラリピ」のユーザーとして、この裁判の行方はどうなるのかずっと気になっていました。
マネースクウェア・ジャパン(M2J)の「トラリピ」を外為オンラインの「iサイクル注文」「サイクル注文」が特許侵害しているということで、昨年、M2Jが外為オンラインを提訴したことはニュースでも取り上げられています。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントをどうぞ

トラリピで株価指数CFDを手軽に運用

トラリピを使えば24時間いつでも株価指数CFDの取引が可能

2016年7月29日(金)

昨年の12月から始まったマネースクウェア・ジャパンの新サービスをご存知ですか?
株価指数CFDをトラリピで運用できるようになりました。

「株価指数CFD」は、○○株式会社の株といったように個別の株式銘柄ではありません。
市場を代表する銘柄で構成される、インデックスの株価指数を指します。
多数の銘柄の株価指数に投資することになるため、それだけリスクの分散も可能というわけです。 続きを読む

カテゴリー: toraripi | コメントをどうぞ