リスク管理につながる経済ニュース

利上げでも円安になるとは限らない!?

2015年9月12日(土)



1週間がたつのは早いですね。

9月も中旬に入ってくると、一気に年末に向けて加速していく感じがします。

そういえばネットニュースを読んでいたら、金融業界では今年9月に世界規模の経済危機が起きると予測していた記事がありました。

先日起きた世界同時株安もそのひとつだと思うんですが……。



中国経済の低迷から始まり、韓国の株価もここのところ下落気味です。

一方、米国経済は回復に向かい、利上げの可能性がアップ。

実際に米国が利上げを行えば、円安、ドル高になると思いますが、現実問題としてそのような結果に必ずしもなるとは限らないようです。



過去のデータを調べてみると、1994~1995年、1999~2000年において米国が利上げをしたにもかかわらず、円高ドル安だったのです。

何でも利上げが予想されている場合は、為替相場にも既に情報が盛り込まれていることも関係しているとか。



FXでたいていの人が「円安傾向」になることを願っていると思うんです。

自分の頭にも「円安になれば利益が増える」といった概念が強くあります。

ニュースを読んでいても、円安情報だけ知らぬ間に追いかけていたりするんです。



これが危険信号なんですね。

円高でも利益を出している人に限って、円高になったときのシミュレーションを冷静に描き、どう対処すべきか考えているんです。

個人のブログでその辺のことを書いている人たちも結構いるので、チェックしてみると参考になります。



転ばぬ先の杖をどれだけ準備できるのかは、その人の資金力、スキルによる部分も大きいですが。

円高に向かいそうな時こそ、世界の動向にしっかり目を向けていくことは大事ですよね。



カテゴリー: toraripi   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>