気を抜くことができない11月末~12月

年末に向けてどんな変動が起こるのか!?

2015年11月20日(金)

ここのところ豪ドルの勢いが増してきましたね。

一方、ユーロ、ポンドは軒並み勢いが弱まっています。

今月14日、パリで起きた同時多発テロの影響もあって、リスク回避で円も強くなってきました。

11月も下旬に入り、来週はサンクスギビングデーです。

さらに12月のクリスマスに入ると欧米人は家族と一緒に長い休暇に入るため相場は動きにくくなります。

この時期は円安にふれやすいといわれますが、あくまでもアノマリーでの話。

過去の検証を見てみると、相場の先細りは立証しにくいようです。

祝日が入って相場が動かないといっても、相場が一気に変動することがあるので気をつけなくてはいけません。

日本は特にクリスマス休暇があるわけでもないですし。

年末まで実需の動きはあるので呑気に構えてはいられませんよ。

実際、年末に向けて円高予測も出ているようです。

これからしばらく気を抜けない1か月間になりそうです。

常にトラリピをしていれば相場にしがみつく必要はないといっても経済指標は目を通しておきましょ。

カテゴリー: toraripi   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA