イースターを前に乏しい値動き!?

欧米の主要国は休暇を前にドル円、クロス円とも堅調

2016年3月25日(木)



欧米ではイースターを控えているとあって、各通貨とも狭いレンジでの動きになった1日。

株安、減安が巻き戻され、1ドル112円後半まで上がったものの、ドル円、クロス円ともに堅調。

例年のことながら、祝日を前に値動きも乏しい1日でした。

ところで先日、経済ニュースを読んでいたら、2016年のアジア新興国、地域の経済見通しについてこんな記事が。



輸出の回復が遅れて、企業の設備投資や所得改善の改善が進んでいないことから、景気が横ばいになるだろうという読み。

アベノミクスも最近は脆弱な部分が露呈され、当初の予定ほど景気は上昇気流に乗っていません。

円高で輸入価格が下落すれば、内需の拡大は図りにくく、物価上昇は難しいとエコノミストからも指摘されています。

こんな時にトラリピで儲けを得られるのか?



そんなことを考えながら夕飯を食べていたところです。

だからこそトラリピは中・長期での運用をしていかなくてはならない、ということなのでしょう。

しばらくのガマンなのか?

このガマンはもっと長く続くのか?
いろいろ対策を考えなくてはと思うこの頃です。

カテゴリー: toraripi   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>