維持率を確認しつつロスカット対策

円高はどこまで進む!? 維持率をチェックしながら取引中

2016年6月23日(木)

ついに1ドル、104円まで下落しました。
この流れでいくと、おそらく100円を切る日はそう遠くないでしょう。

トラリピをやっていると、為替レートを毎日、チェックしちゃいますよね。
そして「維持率」も、今、どれくらいか?
「維持率」はシミュレーションでもチェックできますが、最近、私は友人が作成したエクセルの計算表を使用しています。
こうやって自分なりにロスカットの予防策を取ることが、トラリピで長く運用するポイントでしょうか。

維持率は高いに越したことはありませんけど。
私が安全圏として目安にしているのは、維持率500%です。
おそらく300%くらいまでは、安全圏と言えるのかもしれませんが、相場が急に下落した時に耐えられるかどうかです。

私の知り合いは「1000%がFXの安全圏です」って。
安全過ぎますが、それだけ資金も投入しています。

トラリピは10万円程度の少額資金でも、十分に取引できるのが魅力です。
ただし、少ない資金でレバレッジが高いと、ロスカットの確率も高い!
50万円未満の資金で、取引している投資家のロスカット率は半数以上です。
このことを証明するようなデータが下記のブログに掲載さていたのでご紹介しましょう。
トラリピの目安資金。最低いくら準備すれば自動売買できるのか? 30万円が自動ロスカットの分岐点 為替コヤジのFX自動売買 システムトレードを徹底比較!

利益を積み重ねながら、いかに安全に運用していくか? ですね。
リスク管理は資金の投入の時点から始まっているので、いくらつぎ込んで、どのくらいの期間でどれだけ増やしたいのか?
自分なりのビジョンも無理なく描くようにしています。”

カテゴリー: toraripi   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>